エントリー

組版を試みる

  • 2013/07/31 21:40
 なぜだか突然、組版をやってみたくなった。そういうわけで、青空文庫の小説を使わせていただいて、PDFを作ってみた。上等なDTPソフトは持っていないので、ワープロソフト(一太郎)で紙面を組んだ。

 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』

 ページサイズは文庫本の大きさに。児童文学であるということを考慮して、字は大きめ、ページ当たりの行数は少なめにした。本文書体も柔らかい印象のあるリュウミンLを選択した。
 ふりがなはこちらのマクロを利用させていただいた。ふりがなは均等割り付けなので、銀河(ぎんが)の「ん」が「銀」と「河」の間に来るなど、あまり好ましくない振り方になってしまっているが、量が多くて直す気になれなかったのでそのままにしてある。
 縦書きなのでPDFの綴じ方は「右綴じ」に。Adobe Readerでは問題ないものの、サードパーティー製のPDFビューワーだと対応していなくてページが逆になるかもしれない。

ページ移動

ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed