エントリー

ブレン4+S

ペン先がブレないことが売りのボールペンシリーズ「ブレン」に4色+シャープペンのモデルが登場。2018年12月の単色ペン発売から5年あまり、ブレンシリーズに一通りのラインナップがそろうことになる。

これまで、ゼブラは4色とシャープペンを搭載した製品に「マルチ」と名付けることが多かったが、この製品はその慣例からは外れている。

ブレン4+S

上軸は樹脂製なのに対し、下軸は金属製。重心位置は上軸と下軸のつなぎ目付近にあり、平均的な持ち方だと書きやすい位置にある。

上軸は樹脂でありながらも従来品よりも薄肉になっており、ペン軸のスリム化を実現している。公称の軸径は13.3mmで、同社従来品のクリップオンマルチ1000や、競合製品のジェットストリーム4+1やドクターグリップ4+1よりも細い。

 

表 多機能ペンの軸径と重量の比較
製品名軸径重量
ブレン4+S13.3mm21.3g
クリップオンマルチ100014.0mm24.2g
ジェットストリーム4+113.7mm23.6g
ドクターグリップ14.1mm26.3g

※いずれもカタログ値。軸形状が直線ではない場合はこれらの値よりも細い部分がある場合がある。

 

ペン先には「ブレない」ための樹脂部品が取り付けられている。「ブレ」加減は、ブレン3Cと触感上で比較すると大きいように見られる。色数が増えるほど、レバーを押し下げたときのリフィルの角度が急になるので、「ブレ」が大きくなるのはある程度はやむを得ないものと思われる。一方、従来の製品であるクリップオンマルチ1000と比較すると、ブレン4+Sの方がペン先のがたつきは小さかった。

また、内部構造の隙間が詰められているためか、特定の角度なおかつ特定の順序でリフィルを出し入れすると、内部部品が干渉してレバーが押し下げにくい現象がときどき見られた。この点は今後の改善が望まれる。

ペン先

キャップ内には消しゴムが取り付けられている。キャップの形状は独特で、上から見ると楕円のような形に見えるようになっている。また、クリップはコイルバネを使用した可動式であり、開くと上端部がキャップの中にもぐりこむような形になる。

キャップ形状
キャップの中には消しゴム

ノックレバーはリフィルを保持する棒状部品に色付きのラバーが取り付けられており、従来のブレン3Cと同じようなデザイン。レバーを戻すときの音は、静音設計とまでは言わないが、一般的な多色・多機能ペンと比べれば静かである。

 

インクはこれまで通りのエマルジョンインク。SNC-0.5芯、SNC-0.7芯の緑色がこの製品と同時に新発売されているが、中身は従来からあるEK芯と変わりはない。

筆跡

価格は税抜1000円。見た目に高級感はそこまでないが、色々なところの作りこみを見るとむしろ割安な印象で、競合製品を考慮して頑張ってこの価格にしているのではないかと感じられる。

ページ移動

ユーティリティ

2024年05月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed